• HOME
  • ニュース
  • CSR
  • ツネイシCバリューズ、今年で18回目の離島支援活動~使用済み自動車回収~

ニュース

ツネイシCバリューズ、今年で18回目の離島支援活動~使用済み自動車回収~

2021年06月11日 [CSR]
ツネイシCバリューズ、今年で18回目の離島支援活動~使用済み自動車回収~
クレーンによる使用済み自動車の陸揚げ

ツネイシCバリューズ株式会社(所在地:広島県福山市沼隈町常石1083番地、代表取締役社長:津幡 靖久)は6月5日、離島支援活動として、瀬戸内海の大崎上島の使用済み自動車32台を海上輸送し、自社のカーリサイクル工場への陸揚げ作業を行いました。

離島の廃車をリサイクルする場合、輸送費が高額になることから不法投棄が問題となっています。ツネイシCバリューズは瀬戸内海の美しい景観を守り、循環型社会の実現に貢献するため、自動車リサイクル法に基づく国の離島対策支援事業(※)を活用し、大崎上島からの使用済み自動車の海上輸送を実施しています。

今年で18回目となる離島支援活動で、これまでに計930台の使用済み自動車を回収しています。回収された自動車は、自社の工場で適正にリサイクルすると同時に、取り外した部品は中古部品として国内外に販売しています。

支援活動開始当初から、大崎上島の住民から感謝の言葉をいただいており、ツネイシCバリューズは廃棄物ゼロのリサイクルと環境に配慮した事業活動を実現するため、今後もこの取り組みを続けていきます。

ツネイシCバリューズは、地域・社会と共に歩む企業として、今後も地域の方々との連携を図りながら、安全で暮らしやすい社会の実現にむけて地域貢献に努めます。

※離島対策支援事業:離島で発生した使用済み自動車などの海上輸送費に対し、国が支援を行う事業です。

■ ツネイシCバリューズ株式会社
エネルギーの安定供給をはじめ、サービスステーションの運営、新車、中古車の販売・整備から使用済自動車の部品の再利用・再資源化による100%リサイクル、保険事業にいたるまで、カーライフをトータルにサポート。さらに、産業用から住宅用まで太陽光発電の設置・販売やガスなど、ホームエネルギーに関連する事業も展開しています。

コーポレートサイト▶ http://www.tsuneishi-cv.jp/
代表取締役社長 : 津幡靖久
事業内容 :
・カーライフのトータルサポート
サービスステーション(SS)運営、石油製品卸売およびSS経営サポート、新車・中古車販売、保険代理業、車両リース、カーリサイクル、自動車中古部品輸出入販売業、EV販売など
・ホームエネルギーの安定供給
電力小売、太陽光発電パネル設置、ガス販売など
創業 : 1952年5月
資本金 : 1億円
従業員数:232人(2021年2月時点)
関連会社 :
TCV PARAGUAY S.A(パラグアイ・ビリェタ)
http://tcv-paraguay.com/
Tsuneishi C Values Philippes, Inc.(フィリピン・セブ島)

-本件に関するお問い合わせ先-
ツネイシCバリューズ株式会社
オートサービス事業本部カーリサイクル部
〒720-0313 広島県福山市沼隈町常石1083
TEL 084-987-4060 / FAX 084-987-4061