• HOME
  • ニュース
  • 調査・報告
  • ツネイシCバリューズが消防訓練を実施 ~日頃から火災に備え、災害時に適切な行動を~

ニュース

ツネイシCバリューズが消防訓練を実施 ~日頃から火災に備え、災害時に適切な行動を~

2018年05月29日 [調査・報告]
ツネイシCバリューズが消防訓練を実施 ~日頃から火災に備え、災害時に適切な行動を~
初期消火を行う初期消火班

 ツネイシCバリューズ(本社:広島県福山市沼隈町能登原2488-9、代表取締役社長:綿谷伸二)は5月24日、福山市沼隈町能登原にある本社の鈑金工場火災を想定した総合消防訓練を実施しました。

 福山地区消防組合西消防署沼隈内海出張所の指導のもと社員60名が参加して、初期消火、通報、避難誘導、消防士や責任者への報告を行いました。続いて、全社員が消火器の扱いに慣れるよう、参加した社員全員が実際に消火器を手に取り、初期消火の訓練を行いました。

 訓練終了後には福山地区消防組合西消防署沼隈内海出張所の濱田信孝所長より「実際に火災が起きた時、初期消火の仕方がわからず炎上するケースや、慌てて適切な行動がとれない例は少なくありません」と日頃の準備の大切さの話があり、火災発生時の適切で、早い対応の重要性を改めて訴えました。

 最後に、小田一夫専務取締役より、火災に備えるだけでなく倉庫の整理整頓など、日頃から火災が起きないように意識を持ち、注意するように呼びかけました。

 ツネイシCバリューズでは、訓練の実施状況の確認および改善を行うなど、BCM(事業継続マネジメント)*の一環として、防災・減災活動を行っています。今後も高い防災意識を持ち、日々の安全管理に取り組んでまいります。

*BCM(事業継続マネジメント)
BCM(Business Continuity Management)とは、いかなる危機が発生した場合においても、適切な危機対応を行うことにより、お客さまと社員の安全の確保と、主要な事業の継続をするための平時からの一連の取り組み。

■ ツネイシCバリューズ株式会社
エネルギーの安定供給をはじめ、サービスステーションの運営、新車、中古車の販売・整備から使用済自動車の部品の再利用・再資源化による100%リサイクル、保険事業にいたるまで、カーライフをトータルにサポート。さらに、産業用から住宅用まで太陽光発電の設置・販売やガスなど、ホームエネルギーに関連する事業も展開しています。

URL: http://www.tsuneishi-cv.jp/
代表取締役社長 : 綿谷伸二
事業内容 :
- カーライフのトータルサポート
サービスステーション(SS)運営、石油製品卸売およびSS経営サポート、新車・中古車販売、保険代理業、車両リース、カーリサイクル、自動車中古部品輸出入販売業、EV販売など
- ホームエネルギーの安定供給 
電力小売、太陽光発電パネル設置、ガスなど
創業 : 1952年5月
資本金 : 1億円
従業員 : 約280人(2016年12月時点)
エネルギー事業関連会社 :
TCV PARAGUAY S.A(パラグアイ・ビリェタ)
http://tcv-paraguay.com/
Tsuneishi C Values Philippines,Inc(フィリピン・セブ島)
ツネイシEVラボ株式会社(広島県福山市)

-本件に関するお問い合わせ先-
ツネイシCバリューズ株式会社 本社
〒720-0312 広島県福山市沼隈町能登原2488-9
TEL 084-987-3200(代) / FAX 084-987-1468